ざっくりと真珠の種類について


真珠の種類について少々


真珠の母貝には 海水 淡水 があり、海水では 「アコヤ貝」 「白蝶貝」 「黒蝶貝」 「マベ貝」 など。 

淡水では 「池蝶貝」 があります。

おおまかな色調としては…

真珠層の色調は主に母貝の持つ色調が反映されます。

主な実体色として白・黒・茶(かっしょく)があり、加えて干渉色と呼ばれる七色の光の色調があります。

 

アコヤ真珠(母貝がアコヤ貝)

ピンク系からホワイト、クリームの色合いがおもですが

無調色のアコヤ真珠には柔らかなシルバー、ブルー系やグリーンがかった物,

バロックなどもあり趣があります。

主な産地は、日本では宇和海、壱岐、伊勢、五島など。

他にベトナム、中国などもあります。

 

白蝶真珠(母貝が白蝶貝)

白、シルバー、ピンクやクリーム系の色調がメインです。

人気のゴールドは母貝が「ゴールドリップ」と呼ばれる白蝶貝から採れます。

主な産地はオーストラリア、フィリピン、インドネシア、ミャンマーなど。

日本の奄美(加計呂麻)でも作られています。

 

 

黒蝶真珠(母貝が黒蝶貝)

黒、ブルー、グリーンやシルバーが主ですが、まれに白やゴールドも含まれます。

母貝は黒なのであらゆる色調の真珠を出す可能性があります。

主な産地はタヒチ、フィジー、日本の石垣島でも作られています。

タヒチパール、タヒチ真珠といえばこれです。

黒(グレー)ベースの色調は豊富です。グリーン、ブルー、パープルなど、輝きに種類が豊富なので華やかさがあります。

 

池蝶真珠(母貝が池蝶貝)

ナチュラルカラーでは白、ピンク、 オレンジなどがよく見られます。

アクセサリーに使われるクォリティの物の中には、

鮮やかに染められたものをよく見かけます。

主な産地は中国、日本では琵琶湖、霞ヶ浦。

 

マベ真珠(マベ貝)

有名なのが半円状に加工されたものですが、「マベ」は貝の種類なので本来は「半円=マベ」ではありませんが、代名詞となっているようです。

マベ貝はアクティブで、養殖で普通に核を埋め込んでも吐き出してしまうことが多いそうです。ですので核は貝の内側に半円状のものを貼り付けて養殖します。皆さんがよく目にする半円のマベパールは、この貝の内側で養殖したものです。なかなか作れないので希少にはなりますが、マベでも真円タイプがあります。  主な産地は、フィリピン、奄美(加計呂麻)。

 

 

コンクパール(コンク貝)

巻貝です。貝の内側の色調であるピンクがおもになります

ピンクの色調と独特な火炎模様の出方で価値が変化します

(白~クリームもありますがピンク以外は人気がありません)

コンクパールは養殖されていない天然なので、貴重で高価になります。

大きなサイズは特に希少です。

 



「ケシ」と呼ばれる小さい真珠

これは養殖で入れた核以外に養殖期間に入り込んだ砂などの微小な異物に真珠層が巻かれたものなど、偶然の産物で出来た小さな真珠をそう呼びました。

無核のものを広くケシと呼びましたが、現在では大きなものは「無核真珠」と区別します。

通常「ケシ」でイメージするのは昔ながらのアコヤ貝のケシでしょう。

これはごく小さく、色調は白から薄いグレー系で、

小さいがゆえに穴開けや糸通しなどには技術と時間がかかり、また連数も多くしないとボリュームが出ないので最近では小さなものほど流通しなくなってきました。



アコヤのケシ

形も大きさもバラエティがありますが、母貝であるアコヤ貝が小さいので

色は全体に淡く、あまり大きいものはありません。

黒蝶と白蝶のケシ

(この写真では左が黒、右側が白)

母貝が大きいので、大きさもバラエティがあります。

大きさがあるので色合いも濃くてハッキリしたものが多いです。

 


バロックと呼ばれる真珠

「バロック」は形がいびつな真珠を指して呼ばれる名称です。

どの貝でも形成されますが、

流通上よく目にするのは黒蝶や白蝶、池蝶の大型のバロックだと思います。

アコヤ貝にもバロックと呼べるものがあります。小型で球が少しいびつなものです

真円が珍重されるのは勿論ではありますが、ここ最近ではバロックの形を楽しむようなファッションも定着してきたので、

テリと色に注目して好みのものを選べば、見栄えのするパールを楽しんでいただけます。

池蝶貝のバロック

大型で面白い形のものはこの池蝶貝のものがほとんどです

色はホワイトからイエロー、オレンジ系など。

 

黒蝶貝のバロック

サークルと呼ばれる形のバロックが多いです。

色は黒からピーコック、シルバーなど。

白蝶バロック

サークル珠から大型のものまで。

色は白からゴールド、ピンクやイエローがかったもの。


ベビーパールと呼ばれる真珠

一般的には2.5mm位から5.5mmまでのアコヤ真珠をベビーパールとして扱われます。

生まれて1年程度の小さくて元気のいい母貝を使って養殖するときれいな珠ができます。

基本的には真円の、ベビーパールと呼ばれるものは真珠貝の中でも小型なアコヤを母貝にしています。

生産に高い技術と手間が必要になるので生産数が少なく、ネックレスに使う珠数は多くなってコストがかかります。

そのぶん普通の大きさの珠と価格差があまりないので割高に感じられるかもしれませんが、

小粒ではあってもアコヤの鮮やかなテリが繊細に映え、小柄な日本人女性に良く似合います。

4mmサイズだと比較的に連装として整ったものが手に入りやすいかと思います。


ベビーパール

アコヤの持つ色相は全部出ます。

色はホワイトからイエロー系、ピンク系、ブルーまであります。


シードパールと呼ばれる真珠

シードパールは、厳密にいえば四分の一グレイン以下のパールのことを指しますが、

現在、ごく小さな真円に近いタイプの真珠全般をさして言います。

ごく小さいので物によっては穴を開けられるサイズではありません。

宝石を留めるように爪で留めたり、留めかたに工夫がいります。

 


このように真珠には形や色などに幅があります。 ぜひご自分に合った真珠の装いをさがしてみませんか?


◇◇ルースからお作りする真珠のジュエリー◇◇

お手持ちのルースからもお作りいたします。ご相談ください。